西洋ミツバチと日本ミツバチ

ハチミツが一歳児未満NGな理由

実は蜂蜜には、ボツリヌス菌という細菌が、稀に眠ったままで含まれていることがあります。
ボツリヌス菌というのは聞いたことがあるかと思いますが、生物兵器としても研究されていた非常に危険性のある細菌です。
この菌に乳児が感染してしまうと、「乳児ボツリヌス症」というのになり、死に至る可能性のあるものになります。

潜伏期間は3~30日と幅があり、3日以上便秘が続いて元気がなくなり、眠りがちになっていき、最悪死に至ってしまいます。
また、ハチミツは国内の製品であっても約5%の確率でボツリヌス菌に感染しています。
ボツリヌス菌は加熱消毒ではなかなか死なないため、乳児が口にしてしまうと大変危険です。

しかしこれだけ聞けばハチミツがとても恐ろしい食べ物のように聞こえますが、実はこのボツリヌス菌は1歳を越えると身体の中で抵抗力が高まり、勝手に死滅してくれるため、害がなくなります。
普段大人や1歳以上の子供がハチミツを口にしても大丈夫な理由はそこにあります。
たまに離乳食として知らずにあげてしまうお母様もいらっしゃいますが、これはラベルなどにも書かれている表示ですので、乳児が1歳を越えるまでは絶対食べさせないように、注意を払ってあげましょう。

このページの先頭へ